芝刈りや間伐などの剪定作業で庭の状態改善を図る

裏庭の手入れを行う際はいろいろな作業を実施する必要があります

裏庭の木や芝が伸びすぎている

木々

裏庭の木や芝生が成長しすぎると住宅に日光が当たらなくなってしまい、室内の雰囲気が暗くなってしまいます。伸びすぎた枝や葉が隣の住宅へと侵入する可能性もあるので、芝生や木は定期的に手入れを行ないましょう。作業方法や刈草などの処分方法を把握しておくと安心です。

芝生が伸びてしまうと起こるトラブル

芝生が病気になってしまう
芝生は成長して大きくなるにつれて、病気などを発症してしまうリスクが高くなっていきます。芝生が発症する病気にはいろいろな種類が存在しており、そのままにしておくと病気が全体に広まってしまう危険性が高いです。住宅の芝生が病気になった場合はすぐに対策を行ない、そのまま芝刈りを実施しないように注意しましょう。
色が変色してしまう
芝生が黄色い色へと変色してしまった場合は、間違えて除草剤などの薬を散布してしまったか肥料不足が発生している可能性が高いです。薬害によってこうしたトラブルが発生している場合は、芝生の状況改善を図る必要があります。そのままにしておくと状態が悪化してしまい、変色した芝生を新しいものへと張り替えなければいけません。
芝が枯れてしまう
芝生を設置した後に芝生が枯れてしまう場合は、購入した芝生の状態が悪かったのが原因だと思われます。販売されている芝生は束状にまとめられているため、温度差などによって芝生の状態が大きく変化することが多いです。枯れている部分が少ない場合はそのままにしておいても良いですが、範囲が広い場合は新しい芝生へと張り替えるのが最適です。

伸びすぎているなら芝刈りをしよう

芝生は手入れしていないと雑草のように伸びてしまい、外観がとても悪くなってしまいます。また伸びた芝生が原因で病害虫を発生させてしまう可能性が高いです。住宅の芝生はきちんと手入れを行なっておき、良好な状態を維持しましょう。

裏庭の木が育ってしまうとどうなるか学んでおこう

裏庭の木は何もせずにしていると病気になることも…

裏庭などの場所は湿度が高くなりやすく、梅雨などの時期になると木にカビが発生してしまう可能性があります。カビは黒斑病や炭疽病などを誘発させてしまうため、木にカビが発生した場合は剪定や間伐を行なって環境改善を図りましょう。木の数を減らしたり余分な枝を取り除いたりしておけば、カビの原因となる湿気を解消することが可能です。作業が困難な場合は、業者に任せると安心です。

裏庭の木が育ち過ぎると光が入らない

木

庭木は剪定を行なうことで大きさを調整することができますが、木が成長しすぎた場合は間伐によって木の本数を減らさなければなりません。間伐を実施しておくと全ての庭木に日光が均等に当たるため、庭木の成長が悪くなることはありません。木の枝や葉が隣の住宅へと侵入することも予防できるので、庭木の数が多い時や成長が著しい時は間伐を行なうのがベストです。

間伐って何?

目的を理解しておきましょう(30代/男性)

間伐は庭や森林などに生えている木の本数を減らし、木の成長を良好に保つための作業です。適切に間伐を行なっておけば木の成長を促進させ、健康な庭木を維持することが可能です。美しい庭を維持するには、間伐作業は必須となります。

TOPボタン