間伐や芝刈り、剪定を行なう前に作業方法を確認しよう

裏庭の手入れを行う際はいろいろな作業を実施する必要があります

間伐には種類がある

庭木の剪定を行なう場合は、庭の状態や目的に合わせて最適な作業方法を選択する必要があります。大きくなりすぎた木を小さくしたい場合は切り返しを選択し、伸びすぎた枝を切って樹冠の大きさを調整したい場合は切り詰め剪定が最適です。枝おろし剪定や枝抜き剪定は枝の数を減らし、庭木の成長を活発にすることができます。

どういった剪定を行なうか考えておこう

裏庭で芝刈りを行なう際は、芝刈り機などを利用するのが最適です。しかしこうした設備を利用する際は注意が必要になります。

芝刈り機の使用時の注意

芝刈り機は刃で芝生の長さを一定にカットすることができますが、石などを弾き飛ばしてしまう危険性があります。そのため利用する際はゴーグルや防護カバーなどを活用し、作業中に怪我をしないように気を付けなければいけません。裏庭で芝刈りを行なう際は事前に芝生をチェックし、石などの作業の邪魔になりそうなものを取り除いておきましょう。

TOPボタン