芝刈りや間伐、剪定の後は草木の回収を実施

裏庭の手入れを行う際はいろいろな作業を実施する必要があります

剪定したものはどうする

裏庭の木や芝生を剪定や芝刈りで手入れした後は、刈り取った草や木を適切な方法で処分する必要があります。庭にそのまま刈り取った草や木を放置しておくと外観が悪くなってしまい、害虫が発生する危険性が高いです。

芝刈りをした草は肥料として活用

刈り取った芝生は微生物の働きで分解することが可能なため、微細化して散布しておけば肥料として利用することができます。またこうした対応を行なっておけば土の中に病原菌が付着するのを防いだり、芝生の乾燥を抑制することが可能です。

間伐した木は業者に任せる

自分で木の剪定や間伐を行なうのが困難な場合は、業者に庭木の手入れを任せておくのが最適です。現在は木の剪定や間伐を実施してくれる業者が登場しているため、どの住宅でも簡単に芝刈りや木の剪定を行なうことが可能です。しかし庭木の太さや作業内容によって作業費用は変動するので、業者に依頼を行なう際は事前に見積もりを依頼しておかなければなりません。見積もり内容をきちんと確認しておけば、安心して草木の手入れを依頼することができます。

TOPボタン